断熱と窓のはなし

寒くなりましたね。暖房をかけてもすきま風のある家、断熱の悪い家はなかなか温かくなりません。いい家づくりに気密性と断熱性は必須のものです。この2つは車の両輪のようなもので、どちらが欠けてもいけません。

たとえば壁をしっかり断熱したとしても、大きな窓だらけの家はなかなか温かくなりませんね。いま窓の気密性は高まりましたが、窓を閉め切っていてもガラスを通して大量の熱が奪われるのです。窓際が冷えるのですね。

それに対処するには断熱性の高い窓(二重窓/ペアガラス)にするのがよく、なかでもアルミサッシの内側が樹脂製のものは、室内の窓枠が冷えにくく理想的です。当社の新築工事ではそれを標準装備としてお薦めしています(さらに断熱性能の高いオール樹脂製の窓枠もあります)。

窓の位置や、サイズや形もきわめて重要です。窓のサイズを小さくすれば熱の逃げる率は減りますが、太陽光の入る面積は小さくなります。自然の太陽光はタダのエネルギーですから、暖房や照明をムダに使い続けるのではなく、これを利用しない手はありません。

かといって天窓(トップライト)を不用意につけたりすると、四国の夏は太陽に室内が一日中炙(あぶ)られてえらいことになります。そう、窓は夏のことも考えねばなりません。窓は光だけでなく風の通り道でもあり、風の流れもまたタダのすばらしい恩恵ですから。

冬と夏とでは太陽の日没の位置や、入射角がちがってきます。昔から日本家屋では軒(のき)や庇(ひさし)の出幅で、その陽の入り具合を調整しました。また、明りを入れながらも断熱効果のある「障子」、光を遮断しながらも風は通す「すだれ」なども、省エネで快適に暮らす工夫の一つです。

mado2

窓は、室内空間のデザインを決定づける、きわめて重要な意匠でもあり、家を建てる土地の条件によって、お客様の暮らしのスタイルによって、おのずと理想の位置や形が浮かび上がってきます。

せっかくの注文住宅です。窓をどうとるかは基本的にお客様の自由です(ただし耐震設計から求められる位置・大きさの制限があります)。長く快適に暮らすために、ゆめゆめ窓をおろそかにしませんように。

もちろん当社では経験豊富なスタッフが、条件に合わせたシュミレーションを繰り返しながら、しっかりアドバイスいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください